なぜ切手が高く売れるのか?

切手を定価以上で買う人たちはどんな人?

切手というのは簡単に誰でも買えて、使っていると思うのですが、中には定価よりも高い金額で売れるものがあります。切手というのは常時売っていますし、簡単に手に入るのに、どうして定価よりも高く売れるようなことが起きるのでしょうか?その理由は切手の価値を、切手が果たすべき役割以外のところに見出している人たちがいるからです。いわゆる収集家という人たちの存在が大きいと思います。
切手を買う人が、郵便を出すときに使うためだけに買っているという前提ならば、定価以上の切手を買う意味はありません。定価の切手を買っても、定価以上の切手を買っても、切手を使って手紙などを出すということができるならば、定価以上で切手を買う人間なんて出てこないのです。しかし、切手の収集家は違います。

収集家が特定の切手の値段を上げている

切手の収集家はデザインとか、レアリティーに価値を見出して切手を購入しているので、手に入りやすい切手は安いけれども、手に入りづらい切手は高いお金を払っても欲しいと思っていることが多いため、そういった切手は定価以上の価値を持っているということになるのです。
だからこそ、定価と同額でしか売れない切手もあれば、定価以上に売れる切手もあるということになり、自分が持っている切手が思わぬ高値で売れる可能性も秘めているということになります。どんなものでも収集家がいれば、モノの値段というのは上がりやすくなりますから、切手に関してもそういった人たちの影響により、特定の切手は高く売ることができるという現象が起きるというのです。