時を越えて、切手がお宝に大変身!

古い切手は数が限られるため価値が高い

古い切手は、額面よりもはるかに高い値段で取り引きされているものがあります。家の中や倉庫を調べてみれば、高く売れる昔の切手が見つかるかもしれません。古い切手がお宝として高い価値を持つ理由は、希少価値がある点に注目できます。切手は郵便サービスを利用するため使用したり、あるいは不要だからと処分されるケースが珍しくありません。そのために古い切手は現存数が少なく、新しい切手よりも価値を持っているのが特徴です。
ただし古い切手が全て価値を持つわけではありません。切手の種類によって買い取り価格に大きな違いがあり、高く売れる保証はないです。古い切手を売るなら、買取相場を事前に調べるといくらで売れるのかおおよその目安になります。

時代背景が関係する古い切手の価値の高さ

古い切手の中でも特に高値で取り引きされているものが存在します。高く買い取ってもらえる古い切手はその時代背景に特徴があり、なぜ高値での買取が可能なのかを知っておいて損はありません。切手が発行された時代によっては切手の発行枚数が限られていたり、あるいは切手の収集が禁じられた時代も存在します。するとそのような切手は残存数がかなり限られるため、入手が非常に困難です。
熱心な切手コレクターはたとえ高い値段でも希少な人気の切手を買いたいと考えるため、高値での取引が成立します。切手の売買市場で高い価値を持つ古い切手は、思わぬところから出てくる場合が少なくありません。もしそのような切手が偶然見つかれば、大金を手に入れるチャンスです。